過去レビューは上のタブまたは右の黒歴史へ、文章ではなく写真をご覧になりたい方は、Picasa ウェブアルバム

2011年7月15日金曜日

7/15 にだいめ!!

夏アニメまっさかりですね
俺は引き続き日常を見てますが、なにやら廻るリングドラムとかいうのが面白そうとか
見る時間もないので録画はしておこう、というかロボアニメはどこいった

はい時期ネタおわり!実は何がにだいめなのかと言うと



















はいこれ!PENTAXのOptioRZ10
え?CX4だってRZ10が2台買えるお値段なんだぜ

アマゾンで1万切ってたので1時間くらい悩んだ末にポチッた
CXは今現在17,996円なのに対し、RZ10は9,692円。
2台目カメラだし機能もほぼ同じだしこっちでいいかなって

初代カメラのA3100ISは初めてのカメラにしてはいい物だった
だがしかし!フォーカスがマニュアルで出来ないのと、接写がちょっと弱いところが目立っていた。
というわけでマニュアルフォーカス付きで接写に強いCXシリーズを買おうと思ってたんだが、もれなく3万円以上というPGウイングガンダムゼロカスタムが二つも買えるお値段がネックだったんだよね。
というわけで現在出てるCX5じゃなくてCX4を買おうと思っていたのさ、価格もPGフルバーニアンクラスになってきたし、買おうかなーと思っていた矢先に、アマゾンでこれが1万以下で売られていたのさ。



とりあえず撮り比べてみた。


これがいままでのカメラ


これが新しいカメラ

被写体はまぁほっといて、正直あまり見分けがつかないな
ちょっと新しいのは青が強いかなーって感じ。もちろん設定はできる限り同じにしたが。


機能面としては、グリット線が無い。これがあると写真の傾きを軽減できるんだがな。
後は露出補正が一発でできない。これはファンクションキーの設定をすればできるが。
んで、ヒストグラムが常に表示できる。これは良い。これは簡単にいえば写真が黒すぎないかとか、白すぎないかとかの目安になる。

そして欲しかった1cmマクロ!


さすがにここまで寄るとホコリだらけだな、エアダスターで掃除するべき

ちなみに外から見ると


ここまで寄れる。もはやくっついてると言ってもいい

まー後は耐久度だなーこれは来週のワンフェスで試してみるかなー

0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+